燕達医学研究院は国内外から招いてきた多くの著名な医学者を持ちます。院内には分子診断と標的療法、再生医学、血液と腫瘍、老人病、近代漢方医薬の5つの研究所、国際化認証標準の認証を得た10万種の乾細胞保管庫、敷地面積4万数平方メートルの先端的健康工程産業化基地があります。

  医学研究院は老化防止と寿命延長、心脳血管疾患及び腫瘍の総合治療と快復、再生医学と分子診断の3つを主要テーマとして、乾細胞、組織工程、各種体細胞治療、遺伝子診断、生物チップなど、幅広く世界最先端の医学技術研究を展開する、自主革新に満ちた特色ある医学研究機関になっています。